REIT(不動産投資信託)とは?

ネットで買える投資信託を徹底比較!

紹介している投資信託 71件
投資信託へコメント 8717件

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事をクリップ!
お気に入りに追加→IE Firefox のお気に入りに追加

当サイトではおすすめの投資信託を紹介しています
購入手数料無料の投資信託を中心に、
おすすめの投資信託を取り上げています。

トップページ > 投資信託の分類 > REIT(不動産投資信託)とは?

REIT(不動産投資信託)とは?


REIT(Real Estate Investment Trust)とは
オフィスビルなどの不動産を購入し、その賃貸収入や、売却益を投資家に分配するファンドです。

不動産が運用対象の投資信託というとわかりやすいかもしれません。

メリットとしてETFと同じように証券取引所に上場しているので、
株式と同様にリアルタイムで売買できるという点があります。

REITによって個人投資家が少額で不動産投資できるようになったのです。

REITには「会社型」と「契約型」がありますが
現在、東証に上場されているREITは全て「会社型」になっています。

会社型とは
投資法人を設立し、その投資法人が投資家から集めた資金を元に不動産を保有し、
投資家に投資証券を発行する、という形をとっています。

最大の特徴は
利益の90%以上が分配されるという点です。
これは投信法上、利益の90%以上を配当しないと法人税がかかる為です。
株式の場合平均20%台なのでかなり大きな魅力となります。

さらに、
投資家に投資主総会での議決権を与えられます。
一言でいうならファンドの運営に参加できる、といった所でしょうか。

また、REITをファンドに組み込んだREITのファンドオブファンズもあります。
これならさらに小額から不動産に投資することも可能です。

<< ETFとは? | REIT(不動産投資信託)とは? | セレクトファンドとは? >>

正当なCSSです!

お問い合わせは「info(アットマーク)tousin-hikaku.net」までお願いします。

トップ相互リンクサイト様