株式投資との違い

ネットで買える投資信託を徹底比較!

紹介している投資信託 71件
投資信託へコメント 8717件

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事をクリップ!
お気に入りに追加→IE Firefox のお気に入りに追加

当サイトではおすすめの投資信託を紹介しています
購入手数料無料の投資信託を中心に、
おすすめの投資信託を取り上げています。

トップページ > 投資信託とは > 株式投資との違い

株式投資との違い


投資信託はリスク、コストが軽減される


投資信託と株式投資にはそれぞれ、メリット・デメリットがあります。
どちらが良いとは一概には言えませんが、ここではその違いにスポットを当てます。

1.個別銘柄の選択

株式投資では「どの銘柄を買うか」がポイントとなりますが
始めたばかりの頃はどの銘柄を買えばいいのか検討もつきません。
投資信託ならプロのファンドマネージャーが銘柄を選び、適切な分散投資をしてくれます。

2.少額での投資

株式投資で分散投資をする場合、ある程度の資金が必要です。
最近は株式分割や売買単位の引き下げで、株の最低購入金額は低くなったものの
5千円や1万円から、となると銘柄もかなり限定されてしまいます。
しかし、投資信託なら少額でも分散投資ができます。

そして、分散投資ができるという事はリスクを低減させる事にも繋がります。

3.時間的コスト

短い期間で株式を売買し、利益を得ようとする場合、
毎日の株価チェックは欠かせません。
分散投資をしていれば、その分チェックする手間も増え
副業としてやる場合などはかなりの負担となります。

また、急用などで株価チェックが出来ない時に
株価が大きく変動する事も有り得ます。

投資信託ならファンドマネージャーが株価の変動に迅速に対応するので安心です。
しかし投資信託の基準価額も変動しますので定期的にチェックする必要があります。

<< 投資信託の税金 | 株式投資との違い | 基準価額とは >>

正当なCSSです!

お問い合わせは「info(アットマーク)tousin-hikaku.net」までお願いします。

トップ相互リンクサイト様