投資信託の手数料

ネットで買える投資信託を徹底比較!

紹介している投資信託 71件
投資信託へコメント 8750件

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事をクリップ!
お気に入りに追加→IE Firefox のお気に入りに追加

当サイトではおすすめの投資信託を紹介しています
購入手数料無料の投資信託を中心に、
おすすめの投資信託を取り上げています。

トップページ > 投資信託とは > 投資信託の手数料

投資信託の手数料


3つの手数料


投資信託にかかる手数料は3つの場面で訪れます。

1.販売手数料
購入時にかかるのが販売手数料です。
販売会社が手にするものです。
同じファンドでも販売会社によって金額が違うので注意しましょう。
およそ1?3%が目安となります。
販売手数料が無料のものをノーロードファンドと呼びます。
当サイトではノーロードファンドをお奨めします。

2.信託報酬
保有期間中に継続して支払うのが信託報酬です。
投資信託の中で最も負担となるコストと言って良いでしょう。
純資産総額に一定の割合(通常1?2%)をかけた金額です。
ファンドによって料率は変わります。
また、純資産総額では無く、収益から徴収するファンドもあります。
同じようなファンドならこれが低いほど良いファンドといえます。

3.信託財産留保額と解約手数料
解約する時にかかる手数料が信託財産留保額と解約手数料です。
まず、解約手数料ですが、これは販売手数料と同じく販売会社に支払うものです。

信託財産留保額ですが、運用期間中に途中解約すると
ファンド側は購入者に渡す現金を捻出する為に、資産を売却する場合があります。

まだ保有する人との公平性や資産売却時のコストを負担して貰うための
手数料が信託財産留保金です。
0.3%程度が一般的ですがファンドによって徴収しないものもあります。

<< 管理会社とは? | 投資信託の手数料 | 投資信託の税金 >>

正当なCSSです!

お問い合わせは「info(アットマーク)tousin-hikaku.net」までお願いします。

トップ相互リンクサイト様